ネパール旅

【ネパール】旅は道連れ(その2):渡航9日目

更新日:

R0012165

ヽ(^ω^)ノ うおおっルートに復帰したお!奇跡だの!

R0012159
旅は続く。

R0012158
道端で3人の子供に出くわした。
路上でカードゲームしている。


R0012155
わふっ わふわふっ

(・∀・)  また犬だお。子供だお。

R0012157

(゜ω゜) このワンコは君の犬かいな?

そうらしい。こっちの犬にはほとんど首輪はない。それはこっちでは普通のこと。たぶん、日本人の目から見たらただの野良犬だが、それで飼っているという状態なのだ。それがこっちのスタンダード。しかし、ひとつ違うなあと思うのは、子供も元気だけど、犬も元気なのだ。何かが違う。まあ見た目の形はいろいろだけど、純血種はいなくて雑種。

R0012203

実は今回のパーティーメンバーは同郷パワーなのかなんなのか、妙に気があったのだった。今朝山頂で知り合ってパーティを結成したとは思えない。

R0012198

(・ω・) ワンワンが多いですの。
おいら動物が気になるのですお。

<ぼかぁねえ、野菜が気になるんですよ。
あの緑のあれはなんですかね?

(゜ω゜;) スマソ、わからんですお…

<あっこんなとこに寺院が…
こういう生活に宗教が根付いてるっていうのがまず日本と違いますよねー

(・ω・) たしかにお。おいらなんてエセ仏教徒だしの。

<ですよねえ、あれなんか宗教文化の風習で…何たらカンたら(略)

(゜ω゜;) なんか二人して宗教詳しいお…ナニモノ?

R0012205
道中ずっと宗教と文化、風土、生活環境について話をしていた。
3人のジャンルはまちまちだった。一人は宗教、一人は農業(でも宗教も詳しい)、おいらは生物系。ばらばらなジャンルなのだが、なぜかバランスのとれた会話になっていた。パーティを組むときには得意分野や行動パターンのバランスが合うのが重要なのかもしれない。

R0012204
役割分担は重要だ。
こういうトレッキングなど体力を削られる旅で一番困るのが、性格の不一致で余計なHPを消費してしまうことだ。パーティーの中で誰かと誰かが妙に気があってしまう、一人がやたら博識など、パワーバランスの偏りも体力が削られる原因になる。何かしたいと思ったときの方向性、たとえばお金の使い方、休みの取り方なんかも違いすぎると疲れてしまう。

R0012205
だからみんなその場で話して、じゃあ良い旅を!といって別れるのだろう。
その気持ちは良く分かるし、実際自分もそういうことをしているのでそれがいけないとかそういうわけではない。まあでも、こういう思いがけずに気が合ったりしてみると、気が合うっていうことは気が合わないことよりずっとずっと難しいことなんだ、ということがなんとなく分かってくるのだった。

R0012206

(´ω`;) チャングはドッチ? もうすぐ?

朝10時からほぼ休まず歩き続けて4時間ちょっと。
2時過ぎになったが、今どこなんだか全く分からなかった。たぶん車道に沿って歩いているので、合ってはいるんだろうけど…

(゜ω゜)  あ、小さいレストランがありますお。

休むか休まないか、というとこだったが、休まず歩き続けていたし、次にいつレストランに出会えるか分からなかったので、飲み物とモモ(MOMO)を頼むことにした。モモというのはチベット料理で、餃子みたいなやつ。かなり旨い一品です。

R0012244
乾杯!

ファンタで乾杯。
驚いたことに、冷蔵庫で冷えていたのでおいしかった。ただし、日本のファンタとは何か違って、炭酸を抜いて濃くした感じだった。

(´∀`)  いやー、なんか止まると疲れが出ますねー

(´∀`)  ファンタうめー

20分後

<なんかいまね、おばちゃん野菜刻んでた

(゜∀゜) ホウ、じゃあもう少しかかりますね

40分後

(´∀`)  いやー、なんかおいしそうなにおいがしますねえー

60分後

(´∀`)  いやー、なんか止まると疲れが出ますねー

R0012251
モモは今蒸してるところヨ

一緒に白人のお客さんもいたので、その分を作っていました。
モモは蒸されていましたが、もう少しかかる様子。地方のレストランでの1時間待ちは普通のことです。

R0012252
▲バフ(水牛)の蒸しモモ

(´∀`) !!!

うめー。
白人のお客さんを含め、もう出てしまおうかムードが漂っておりましたが、食べ物をおなかに入れると俄然気力が違います。ハンガーノックって徐々にやる気がなくなるから分かりづらいし、体力に自信があると気づきにくいものかもしれません。パーティーメンバーの若手の彼は無意識にハンガーノックになっていたようで、食べた後の気力の回復が半端ありませんでした。残りの二人(自分を含む)はそれなりに歳食ってるかいあってか、体力の限界を知っているようでw

R0012219

チャングナラヤンのバス停までどれくらいか、と聞いたら歩いて3分よ、と言われた。
どこにいるのか全く分からなかったが、終わりはもう目の前だった。

R0012256
▼トレッキング記録▼
総トレッキング時間:5時間半
総徒歩時間:4時間
総徒歩距離:不明(ナガルコット→チャングナラヤン)
迷った回数:2回
助けられた回数:1回
休憩:2回(10分、1時間半弱)
補給食:揚げドーナッツ、ファンタもどき、モモ
パーティーメンバー:3名
天候など:快晴、未舗装路

(・∀・) あ、ローカルバス来たみたいだお。

(゜∀゜) え、中いっぱい?じゃあルーフ(天井)でもいいって?

To Be Continue...

スポンサーリンク

-ネパール旅

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.