ネパール旅

【ネパール】連絡・通信手段について

更新日:

今回は海外渡航中の連絡・通信手段についてピックアップしてみました。

1.連絡が必要なのはどんな時か
・親や家族との連絡(緊急時)
・現地で迷った時、ホテルなどへの連絡

2.通信が必要なのはどんな時か?
・宿や地域情報を検索したいとき
・ブログやtwitterを更新したいとき
・家族への定期的な連絡

・・かねぇ。
で、それに何が必要か?ということですが。。。
ということで、今回はwifiとワールド携帯Mobellを導入することについて紹介&分析してみます。

R0010629
右:au スマートフォン(普段使い)
左:ワールド携帯Mobell MotorolaWX160 ¥1980(今回購入)
※この機種はただし日本や韓国はエリア外なのでここからは発信できない?(調査中)
【Wifi】
最近は世界中で空港やカフェ、ホテルなどに普通にwifi(無線wifi)が導入されていて、結構ネット環境が整ってきているようです。有料もあるけど無料の公共wifiもあるみたい。現に少し前にモスクワの空港では無料でwifiが使えました。当時は駆け出しのitouchを持って一人でモスクワの空港を通過したのですが、日本語でPCメールができ、おかげでトラブル対処が出来ました。今ではスマートフォンが普及してるし、スマホ自体のOSも良いものになっているので、旅先のネット環境としては前より使いやすくなっていると思います。
※モスクワでのトラブルが知りたい方はこちら(りあるくえすと@モスクワ)

★スマホなどでwifiを使うメリット★
1.コストパフォーマンス
普段携帯で使っている3G回線を海外で使おうものなら、死にたいのですか?くらいの請求が来るでしょう。最近ではauでもsoftbankでも上限2980円で3G回線が使えるようになりましたが、まだまだカバーエリアが狭いのが現状です。それに、長期旅行者にとって一日3000円の課金は、これまたシニタイノデスカ?な請求になるので使える利点とコストパフォーマンスを考えるとセレブの使うものですね。wifiの場合は時間制で有料のところもありますが、無料wifiもありますので、屋外では使用できませんが、そこが気にならなければかなりコストパフォーマンスが良いです。

2.入力
何と言っても、日本語入力→日本語検索じゃないでしょうか。
言語ソフトは基本的にキーボードに入っているので、海外では日本語入力が難しく、調べたいことがぱっとできなかったり、ブログの更新が難しいということがあります。スマホやitouchのようなものがあれば、日本語入力が可能なので、そこが解決されます。

3.連絡手段(メール)
私はGmailを使っていますが、普通の携帯メールと大した違和感なくPCメールを読んだり書いたりしています。こちらは3G回線でなくWifiでやりとりが出来るはずなので、Wifiが使えれば家族への連絡は特に困らなそうかなと思っています。長期旅行やあまりメジャーじゃないところに行く場合はできればあまり心配はかけたくないですしね。

4.連絡手段(通話)
今回は電力の関係で使えるか分かりませんが、スマホにSkypeが入っていれば無料でSkype通話が可能です。お互いの電波状況に寄りますが、良い環境であれば普通の電話と大差なく話せます。一応日本では動作確認できました。特に海外にいったからと言って電話番号が変わるわけではない(というかSkypeIDでやりとりする)ので、その辺も心配なさそうです。

★Wifiのデメリット
まずエリアが限定されているということです。ホテルやカフェなど一定のエリアでなら使えますが、屋外では基本的に使えないので緊急時などは使えません。また、電力供給があることが前提なので、停電時には使用できませんので、その辺も含めて余裕があるときに使うもの、という認識の方がよさそうです。

【ワールド携帯】
海外での緊急連絡手段としてMobellの携帯電話を1台購入しました。
上にも述べたようにWifiはいつでも使えるわけではないし、緊急時には使えないものと思っておいた方が良いので緊急に使える手段を確保しておく方が良いかなと思っています。

渡航日数が1週間以内と短いのなら、海外携帯をレンタルする方が安くつきますが、メジャーエリア以外やいろんな場所を渡航する場合、また長期の旅行ではエリア設定や維持費が高くついてしまいあとで高額請求になることもあるのがネックです。

★Mobellの利点
1.維持費
Mobellは海外を長期渡航してるチャリダーさんが使用していたことでこの知ったのですが、探してみたところ、多くの機能を求めなければ初期費用(購入費用)が送料込みで2980円だったので使ってみることにしました。この携帯電話の良いところは維持費(基本料金)が無料という点。国内電話180円/分、日本への国際電話380円/分、SNS(ショートメール)90円/件とまあ高いのですが、緊急連絡用に使うのなら十分かと思います。海外でどんな風に携帯電話を使うのかによりますが、レンタルのコストや連絡先を登録しておけるメリット、Mobell携帯電話の購入金額を考えるとなかなか良いのではと思います。基本料金や更新料は無料だということなので、使わないときは電源を切ってしまっておけば特に料金を請求されるわけではないようです。固定の電話番号ももらえますので、家族に登録しておいてもらえば楽ですしね。

2.カバーエリア
カバーエリアがかなり広いのが特徴です。本社がイギリスなので基本的にイギリスへの国際電話としてかかるのですが、ネパールよりもっとマニアックな国でも使えるようです。機種によりますが、今回購入したこの機種は日本と韓国には弱いとのこと。

★Mobellのデメリット
1.通話料がたかい
やはり通話料が高いことですかね。Mobellの本社がイギリスにあるようなので、基本的にイギリスへの国際電話としてかかるみたいですし、加えて基本料金がない分通話料が高いようです。緊急時の保険という意味合いを考えるとここをどう考えるかは人によるかもしれません。

2.メールはアルファベットだけ
海外の形態なので日本語入力はありません。ある機種もありますが、購入費用は高いし、日本語を入力するメリットとコストを考えると、私はうーんでした。

3.美味しい話し過ぎてウサンクサイ
宣伝(お客様の声)や友達に紹介すると通話料が50%引き!なんていう、若干ねずみ講的なあやしさを感じますが、とりあえずよくない噂は見つけられなかったので、今回は使ってみます。実際に使うかはさておきですが、戻ったら使用後の感想を書きたいですねー。

(゜ω゜)総合的結論(゜Д゜)

親への連絡はスマホのwifi→PCメール(Gmail)で良くないか??
最初はMobellのショートメールで送ろうと思ったけど、アルファベットしか送れないし、頑張ってアルファベット打
つより現実的な気がしてきたぞー。実際MobellのSMS-Mail(ショートメールでEmailを送る方法)の設定に苦戦してるので…orz Mobellは緊急時電話用でよかではなかろうか。
まあ、問題はネパールの停電ですが。限られた時間で何を優先的に充電するかがカギになりそうですね。

では、また次回。

スポンサーリンク

-ネパール旅

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.