ネパール旅

【ネパール】旅は道連れ(その1):渡航9日目

更新日:

R0012068

ははは、僕はノープランなんですよ。

 ヽ(・∀・)ノ じゃあみんなで行きましょうお!
        ノープラン万歳!

数時間前。

  (・∀・) おいらもチャングナラヤンまで歩きたかったんですお。

       
 地球の歩き方には「ナガルコットからチャングナラヤンまでミニトレッキングができる」と書いてあった。…がしかし地図があったわけでもなく、ただ文章のみ。明後日には帰らねばいかんので一人でぶらつく気にはなれなかったのだった。 

R0012096

  (゜∀゜) だから二人が行くなら是非とも一緒に連れてってくろ!

R0012107
まあ3人ならなんとかなるでしょう。
そーですね。

もちろん、3人ともはじめて歩く道。
それに、地図があるわけでない。が、3人集まれば文殊の知恵である。

  (´ω`;) あの運転手さん、実はですね…

といきさつを話し、もちろん帰りの運賃はきっちり払いキャンセルしたのだった。お金はちゃんと払ったのであっさりOKされた。なぜか、facebookで友達にもなった。

R0012108
道は分岐点だらけ。
もちろん舗装はされていない。

R0012110
ナガルコットは山の上のほうなので、昼近くになると山がくっきり見えた。

R0012120

R0012113

R0012114
道は小さな村と村をつないでいる。

R0012127
右手に山々を見ながら、我々は進む。

R0012129
苦難ももろともせず、ひたすら前へ。

<Hey, ガイド!2000Rs!

R0012131
ノーガイド。ノーセンキュー。

<1000!
<800!500!
<300!!

<マヨッテモシラネーゾ!

R0012134
時に迷い。

  (゜ω゜;) オウ

そして迷った。

  ( ;゜д゜) どっちの道が合ってるんだお?

   (´ω`;) チャングナラヤン ジャネバト イエホ?

チャングナラヤン ジャネバト イエホ? 
ネパール語で「チャングナラヤンはこっちですか?」だ。

  (;´ω`) チャングナラヤン…

  (´;ω;`) チャング…ぐす。

…とまではなっていませんがww
分岐が多くて結構手探りだったのは確かでして。 途中で村に突っ込んでしまいどこが道だかよく分からなくなってしまったのでした。

 
チャングナラヤン ジャネバト イエホ? 

R0012137
チャングナラヤンはこっちよ。

…(・ω・`)  といわれた気がしますがどうでしょうか。

▼ついていきますか?
   はい ・ いいえ 

というわけで、少女たちの列の最後に3人で引っ付いて歩いてみることにしたのでした。

R0012138

R0012139

R0012142

R0012143

R0012144

R0012145
  (´・_・`)  あきらか畑のど真ん中。

  (´・ω・`)  これさあ、あっちっていっただけじゃないかなあ?

何せ、チャングナラヤンはこっちかと聞いてそうよ。といわれただけである。
彼女らは仕事中なのだ。だから我々はただのストーカーかもしれない。

R0012147 
▲棚田

…とかなんとか思って少し遅れたら待っていてくれたような様子だった。
が、仲間としゃべっていただけかもしれない、なんとも微妙な感じであった。

R0012146
ま、信じてみるお。
R0012148
もしかしたら?
R0012149
チャングナラヤンさんの畑にいくのかもしれないしな?
R0012150
アハハ!笑えないお!

しかし全くのルート外だったので悲しさより楽しさ。

R0012151
え?この道いけばいけるって?
サンキューバイバイ。

本当に案内してくれてたらしかった。
ありがとうございました。

 
(^ω^;)  疑ってすまぬですお

R0012152
あれ?あそこの畑?
R0012154
彼女らはその道のすぐ下にある畑に肥料を運んでいたらしかった。
(チャングナラヤンさんち…ではないと思われる)

ひとりでは行けなかっただろうし、3人でもいけなかっただろうし。

旅は道連れ、世は情け。

To be continue....

スポンサーリンク

-ネパール旅

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2018 All Rights Reserved.