走れない妊婦嫁にZwift登録したけど、結局旦那が一番使うパターン【漫画】

投稿日:

妊娠発覚後、
自分だけ自転車でツーリング行くのが申し訳ないと思った旦那氏から、
バーチャルサイクリングができる「Zwift(ズイフト)」を紹介されました。

自前のローラー台、サイクルコンピューター、ANTスティックがあれば使えます。(あ、PCもいるよ)

Zwift1-1

 


※チャリンコに関係あったりなかったりな、出産マンガ「ツール・ド・出産」をお送りしております。


Zwift1-2
Zwift1-3
Zwift1-4

嫁のためだったのが、結局自分(旦那)がメインで使うという王道パターンwwww

Zwift(ズイフト)には初回登録時に50km走れる無料トライアルついているのですが、
わが家は旦那が私のアカウント分と自分のアカウントの分の計100km使いきって、本登録に至りました。

本登録直後、最初は「もったいないかなあ~」とか言っていた旦那氏ですが、別府選手などリアルなロードバイク選手と一緒に走れたり、単調になりがちなローラーでも相手がいることで追い込める(?)楽しさがあることに気づいて、週6回のローラーのうち5回以上はZwift(ズイフト)使っています。 

Zwift登録してよかったなあ(結果オーライ)

>>Zwift公式サイトはこちら

利用者が増えているZwift。フミと走れるから?w

Zwiftを始めるには、ローラー、サイコン、ANTスティックがあれば最低限できます。
サイコンは「ANT規格」のものが必要だそうで、CATEYEは対応してないのかな。


GARMINなら対応しているので、一番安いGARMIN Edge 25J
を持っていれば普通のツーリングもバーチャルツーリングも楽しめるというわけです。 Amazonなら2万しないで買えるのでよいのでは。



ANTスティックはもともとANTスティックといったらGARMIN(ガーミン)だったんですが、最近Zwiftが独自のANTスティックを製造販売しているので価格だけでいったらぶっちゃけこっちのほうが安い。

ただドル立ての価格表示なので海外輸入になるのかしら?あとは使う人の好みなので、AamzonのGARMIN製ANTスティックZwift製のANTスティックを比べてみてご検討くださいw


スポンサーリンク

-未分類
-

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.