ツーリング ツーリングスポット

雪の回廊・渋峠へ 2泊3日旅⑤ -ついに天空の渋峠登頂-

更新日:

2014年5月4日 ついに今日、念願の渋峠に登ります。

草津温泉は渋峠へのアクセス抜群だった。朝8時だったが、交差点「草津」のコンビニはサークルやソロの自転車乗り、バイカーなどでにぎわっていた。なんたって、今日はGWでかつ絶好のツーリング日和なのだ。

R1058583

草津周辺はまだまだ気温が低いらしく、桜の木が満開だった。GWなのに。

渋峠、どんなだった?

さていざ、渋峠!
天気は快晴!体調OK!うほーー心が躍る!

渋峠への入り口

草津→渋峠
渋峠へは、国道292に沿ってひたすら走る。
いくつか分岐はあるけど、道なり道なりと行けば頂上に辿り着ける仕組みになっている。 

R1058588

入り口近くは林状になっているけど、早い段階で林はほとんどなくなり木のない山肌になります。

R1058591

木が無くなるので不思議な感じ。森林限界ってやつ??

ガス発生地帯

R1058596

しばらく走ると左手にスキー場が見えてきますが、この先にこんな看板があります。

R1058599

「硫化水素ガス発生地区」・・・なんだこりゃ。

R1058601

・・・・ッ!!!(これは、臭いというか有害感のある硫黄臭じゃないか)

R1058606

(あそこから発生している様子。でも写真撮りたくなるな、なんかこの景色)

       =≡Λ Λ 
      =≡;` Д ´)<んくおぉぉぉぁぁぁ
      -=≡O┬O 
      -=≡ヽJ┴◎

この地帯、いろんな意味でチャリダーキラーです。
撮るものとったらマジでダッシュで逃げましょう。(約500m)

※角を2つくらい曲がるとニオイが無くなり息ができるようになります。

次第に空が広くなる

R1058607

このあたりに来るとニオイが無くなります。ふう。

R1058609

くねくね道が山の上にずっと続いています。

R1058611
R1058617
絵にかいたような空と山・・・・これはまさに天空ライド!
R1058622

おー、上ってきた道が遠くに見える。だいぶ上に上ってきたな。

雪の回廊

R1058623
白根山。ここは駐車場が混みこみで走りにくいけど休憩ができそう。
まあ、今回はいいやw 

R1058627

万座道路との分岐点。まっすぐ進んで渋峠頂上を目指す。

R1058630
R1058631

ほんとに木がないな。

R1058634

お?

R1058635

おおおお??

R1058639

ぬおおおおおおお!!!! 雪の回廊キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

R1058643_1

自転車と一緒にパチリ。こんなにカベ高いのかー。
バイカー、チャリダー、車などで混み合っていて写真撮るのが結構大変だ。

R1058644現像1

雪の回廊、上から見るとこんな感じ。雪の真ん中に道できてるのね。

国道最高地点、渋峠頂上へ

R1058646現像1

雪の回廊を背景に、もう少し登ると国道最高地点だ。

R1058654現像1

どこだろう、どこだろう、と思っていたら急に頂上についた。
あれ?あの群馬と長野の境目じゃなかったのね。(←予習不足)

ここもまた、チャリダーやバイカー、車の人など記念撮影待ちでこのカメラの背後は人だかりですよ。
ぱぱっと撮ります。

R1058663

あまり起伏のないまま少し進むと建物が見えてきた。

R1058659

 あ、そうそう、さっき言ってた勘違いしていた場所はここ。
ここが群馬と長野の境目ということで、お決まりの境界線で記念撮影。

❝渋峠は天空を走っているような感じだったよ!❞
とおすすめしてくれた友の言葉通り、確かに渋峠は天空を走っているようだった。

R1058662
レジ横にある証明書の見本からひとつ選んで、証明お願いしますと言うと100円で打刻してくれる。

群馬-長野県境でカレーパンを食べながら「日本国道最高地点到達証明」を眺める。

木のない山肌も、広い空も、硫黄の匂いも、
登り切ったあとはすべてが爽やかな思い出になるから不思議です。

 

スポンサーリンク

-ツーリング, ツーリングスポット
-

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2018 All Rights Reserved.