自転車レース参戦記録

プニッター・クライマー ~減量0日目~

投稿日:

R1055648
春もうららかに、関東では桜も開花しておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

春になると何かとお出かけすることも多いです。 
ご飯が美味しいです。デザートも美味しいです。
憂いに浸ることも多いです。甘いものは美味しいです。

  プニッ。(゚∀゚) 

QOL(生活の質)の向上は大切なことですが、体の脂肪まで充実させることはありません!
たしかにぷにぷにオナカの触りごこちはいいですが、これではクライマーと言えません!!
というわけで、折角なのでブログネタにしてゴール(減量)を目指しましょう。
 


1.体重は測りましょう
R1055662
やはり体重は測らねばいけませんね。
壊れてた7年プレーヤーの体重計は引退してもらい、この機会に新調しました。Panasonic 体組成バランス計 ホワイト EW-FA23-W 。さすが最近の体重計は低コスト高機能だなあ~。
ちなみにこの体重計が測定できるものは
・体重
・体脂肪率
・皮下脂肪率
・内蔵脂肪レベル(1~15段階以上)
・基礎代謝量
・BMI
・筋肉レベル(1~10段階)
・骨レベル(1~10段階)
・体幹バランス年齢
 
らしいです。
しかも、ユーザー登録するときに何かで個人を判別するらしく、登録後は乗るだけで自分と判別してくれるらしいです。なぜ解るのじゃ。
とりあえずのってみる。

          ピッ
  ヨッショ(´・ω・`)

  グフッ(´;ω;`)

体重、体脂肪率は期待通りの増加。
しかし、筋肉レベルは標準。ナゾ。骨は標準でした。
ちなみに体幹バランスは18歳で姿勢はよろしいようでした。
R1055663
この体重計のいいところは目標体重を-○kgと設定できるところ。
体重も記録してくれて前日、数日前、数ヶ月前などと比較できます。

とりあえず目標を-3.0kgと設定し、様子を見ましょう。

2.運動など

運動するということで、最初から張り切ると燃え尽きるので飛ばしすぎずに以下のことをやってみよう。

・風呂あがりのストレッチ(開脚前屈、腿の前伸ばし、足首柔軟、肩甲骨まわしなど)
・腿上げ筋トレ(下腹部腹筋を鍛える)
・腿後ろ上げ筋トレ(おしりの上の筋トレ)
・足上げ腹筋(上腹部腹筋鍛える) 
・マラソン(スタミナ、エネルギー消費)
・実走行(20kmくらいのトレーニング、平地、峠)

もともと前屈とかは得意で一見体は柔らかいように見えてますが、実は脚の裏側、足首が硬いのですな。なので、そこを伸ばすことに。筋トレは20回を1セットくらいずつからかな~?まずは体幹の強化を図ってヒルクライムにも備えます。スクワットは急にやると膝痛めるので様子を見ながら。あとはマラソンして代謝とスタミナつけて、実走ということで。

3.食事

うん、コレがまず食べ過ぎなのだ!
ツーリングに行ったあと、甘いもの欲しいぞーとなって調子こいて食べるからいけないのです。 ということで、プリンは禁止です。いや禁止にすると反動が激しいので控えればいいのです。
全体的に量を調節し、油を控えた献立にしませう。ESSEが強い味方ですww

ちなみに、自転車乗り的にはあまりに控え過ぎるとツーリング時にハンガーノックになったり、筋肉痛が抜けにくくなったりするので調節が難しいなあと感じてます。よく失敗するのは、前日炭水化物をあまり取らずに翌日ツーリングの朝あまり食べずに走ってハンガーノックになったり、ツーリング後にタンパク質取らずに炭水化物メインで終わると翌々日くらいからひどい筋肉痛になり1週間くらい抜けなかったりなどです。 

4.よく寝る

寝られるものならよく寝るほうが良いかと。
夜更かしするとホルモンバランスが崩れるのでダイエットの敵です。
最近は目標就寝時間は23時に設定しましょう。そして早起きして朝何か活動しましょう。

とりあえず4月14日のヒルクライムレースまでにどれくらい減量&筋力増加できるかなー。 

スポンサーリンク

-自転車レース参戦記録

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.