弐代目・MBK「あかねちゃん」ができるまで

写真 2014-01-19 13 40 58
新フレームにクリアコートを拭きます。
拭いて、置いて、拭いて。合計2回拭きます。
クリアコートで拭くとピカピカのフレームを汚れにくくし、輝きマシマシになります。
パーツが付いてない時だからこそ隅々まで出来ることですね。

ということで、2代目・MBKついに始動。
1台目の自転車購入時は、大抵の人が完成車購入じゃないかなーと思います。フレームから組むと、パーツの1つ1つから決めることができるのでまさにオリジナルバイクができる。それにパーツの特性を確認しながら選ぶので知識も増えるし、自分の目的にあったものに近づける事ができる。

ということでせっかくなので、バラされてから組み上がるまでをレポートしてみた。組めるほどまで細かくないけど、フレーム組ってこんなかんじなんだってくらいは分かるハズ。

ではスライド形式でレッツらゴー。
 

クランクをはずす 

今回は105のクランク、ブレーキ、ディレイラ、STIを全て移植するので外します。

写真 2014-01-19 13 46 39

写真 2014-01-19 13 47 19

写真 2014-01-19 13 48 06

写真 2014-01-19 13 48 37

写真 2014-01-19 13 52 46
バラされました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉・南房総在住/2児のカーチャンやってます。Web関係・カメラ関係のお仕事している在宅ワーカー。ブログは趣味の延長ですが、仕事の備忘録にも使っています)。元ロードバイク乗り(愛車:MBK750RD)

目次
閉じる