自転車で行こうよ【北海道編】

札幌から余市まで長距離ライドへの道 ―左足の故障―

更新日:

どうもこんばんは。
自分の不手際により左足を負傷したマッキー@管理人です。
ちょっと疲れ果ててしまい、今日は普通?な文章ですw

IMG_3070
今日は札幌から積丹岬を目指して出かけましたが、
結論から言うと、全く到達できませんでした。
積丹と札幌の中間地点、「余市(よいち)」まで行くのが限界。
なんだか100kmというのは一つの壁な気がしました。
積丹までは片道100km弱あるので、今の自分ではまだまだ倒せないようです。

左足は事故ではありません。

が、いきなり長距離を走ったことなどで
左膝に負荷がかかって痛みが出てしまいました。
たぶん、ビンディングの向きと自分の左足のクセが合ってなかったんだろうと思います。
帰りはペダルをこぐどころか、力を入れてないのに足が動くだけで激痛という、
ある意味苦行とも言える地獄のライドでした。
(家に帰る時も、階段も一段ずつじゃないと痛くて上れず)

IMG_3073
違和感を感じたのは折り返し地点の余市。
ここまで約50kmといったところ。
積丹はここからさらに50km弱あるので、時間を考えてもここが限界と判断。
余市で昼食をとり、帰途に就くのですが、、、

このあたりで、左膝の外側に点の痛みがあることに気付く。
おそらく、膝を下に引っ張ってる脛の筋肉の付け根あたり。
まあ少し疲れたんだろう、くらいに思ってさほど気にしませんでした。

が、次第に点は円の痛みに変わり、かなり鋭い痛みが足を回すたびに襲うようになりました。
踏み込みも引き上げもきつい。どちらも痛みが走ります。
ビンディングを外すときは痛まないので、
外す時に痛めたというわけではなさそうでした。
不思議と右側はピンピンしている。

IMG_3049
行きはやや上り坂が多めだったので、帰りは少し楽なのですが、
それでも緩い上りが続きます。。
最悪なことに、坂の街「小樽(おたる)」に差し掛かるのはこれから、ということです。

小樽はアップダウンが激しく、普通なら疲れた、で済むのですが、、
今の自分には地獄でしかありません。
ギアを一番軽くして何とか上るんですが、
泣きたくなるくらいの激しい痛み。
時速12kmくらいで走っていました。下手すると一ケタ。

何度ヒッチハイクをしようと思ったか。
何度電車に乗ってしまおうと思ったか。

自走して家(チャリ屋)までたどり着いた時には感動してしまった。。。
自分が階段上がるのに必死なので、チャリはしばらくチャリ屋にお泊りです。

ちょっと甘く見てましたね。
これはスポーツでした。
壊れるのはチャリだけだと思ってましたが、
自分もメンテナンスが必要なんだと実感できてよかったです。

あ、余市への旅はいろいろと楽しかったんですよ。
20%の急坂を発見したり、いろんな人に声かけられたり。
まあしばらくはドクターストップなので少しずつアップしていきます。

IMG_3029
走行時間:5時間53分
(往:2時間19分 復:3時間06分)
走行距離:114.09km
(往:48.19km 復:55.82km)
平均速度:19.3km/h
(往:20.8km/h 復:17.9km/h)
最高速度:45.9km/h
積算距離:720.1km
乗車回数:16回目
路面状態:晴れ、舗装路
※往路は市街地を抜けてからのカウントなのでちょっと短めです。

しかし。
こんなんでグランフォンドは大丈夫だろうか。
まあ、今年は初挑戦、ものは試し、ということで。
てかその前に足は間に合うんだろうか。
んー、やっちまったな! orz

人気ブログランキングへにほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへにほんブログ村
ブログランキングに参加中!押してもらえるとランキングが上がります。
いつもどうもありがとうございます。無茶も計画的に、ということですね(笑)
これからも自転車(と北海道)の魅力を伝えられるよう頑張りまっす(^ω^)

スポンサーリンク

-自転車で行こうよ【北海道編】

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2020 All Rights Reserved.