2年目と壁

スカイ号は入院していました。

ペダルがなんだか重いので、BBをオーバーホールしてもらおうと思いまして。

そしたらBBには問題なかったのです。

つまり、自分の足の問題でした。

・・・グスっ(´;ω;`)


なんか最近調子が乗らなくてストレスを感じておりました。
自転車が重い気もするし、前はこれだけ漕いだらこれくらい走れたのになあ~とか。

そんなわけでちょっと自転車屋のおじさん相手にスネて相談していた訳ですが、
春先というのは選手であってもトレーニングがエラいきついそうです。
冬になるとたいてい運動量が減るので自然と太ります。それで暖かくなってきていざ乗ろうと思ったら、体重重いし筋力落ちてるしで思ってたように乗れないのでしょんぼりする仕組みのようです。

  そうなのか、ちょっと安心(´・ω・`)

しかし、じゃあ筋力つけるぞーといって、いきなりガンガン漕ぎだしていいものか、
ということですがそれも良くない。いきなりガンガン乗ると筋肉を痛めてしまうので。
ということで、いいなと思った春先のチャリンコ乗り方をまとめてみました。

1.春先はゆっくりながめに走ろう
春先は筋肉が落ちているのでいきなり走らないようにしよう。
周りのチャリダーの健脚にめげることなく、まずは自分のペースでゆっくり気持ちの良い速度で長く走り、体をならすことが重要。体が慣れるまで70~100kmのライドを20~30km/hくらいで毎週末走りこみをして体をならそう。30km/hを1時間続けるとつかれるのは普通のようです。

2.はじめちょろちょろ、中ぱっぱ
走る時は緩急をつけるのがポイント。はじめは体が温まってないので1時間くらい緩く走ること。体があったまってきたらギアをあげてガシガシ踏むことで筋力を鍛えるべし。ただし、ガシガシ踏みすぎると筋肉や膝、腰を痛めるのでうまーく調節が必要です。ゆるく走って、たまにガシガシ、を繰り返しましょう。

3.1日2時間くらい走ろう
冬ごもりで蓄えた体重を落とすためには、1日2時間くらい走るようにしよう。連続2時間でも小分けにして2時間でもOK。ともかく走ることに慣れることが大切。

4.自転車にも中だるみはある
自転車に乗り始めた最初の頃は乗るのが楽しくて毎日乗っても飽きないが、乗り慣れてくると刺激が足りなくなり満足できなくなる。つまりつまんなくなるのは誰でもあること。なので、その事実にしょげていいので、コースを変えたりいつもと違う道を走ってみたりしてフレッシュ感を加えよう。 

そりゃそうかあ~。自転車乗るのも2年目。
行くコースも決まってきたし、ワクワク感も減ってきたしで、
皆さんがぶつかる壁のようです。はい。

まっそういうわけで、あんまり深く考えないでマイペースに楽しくいってみます!
┌(゚∀゚)ノヒャホー
案外そのほうがムダなエネルギー使わないので早かったりしてね(笑)

最近夜ポタ実施中!夜空のもと10~20kmくらい走るのは気持ちが良いです。 

{{ reviewsOverall }} / 5 みんなの評価 (0 人)
斜度の満足度0
上り坂の距離0
クセの強さ0
みんなのクチコミ あなたも評価する
Order by:

Be the first to leave a review.

確認済み
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

This review has no replies yet.

Avatar
Show more
Show more
{{ pageNumber+1 }}
あなたも評価する

Your browser does not support images upload. Please choose a modern one

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉・南房総在住/2児のカーチャンやってます。Web関係・カメラ関係のお仕事している在宅ワーカー。ブログは趣味の延長ですが、仕事の備忘録にも使っています)。元ロードバイク乗り(愛車:MBK750RD)

目次
閉じる