ツーリング ツーリングスポット

しまなみ海道 二輪記⑤ 四国の上辺を往く(今治→丸亀)

更新日:

なんだか時間が開いてしまったのでしまなみ海道を走って終わったようになってしまった。
がしかし違うのです、旅はまだ続いていたのです(笑)

GWのツーリング計画では終点の倉敷まで行く予定ありましたが、突然の訃報により日程半ばで帰還することになったのであった。ともあれ、2日目の今治から丸亀(瀬戸大橋の付け根)までのルートは図らずも素晴らしい景色が広がっており、ただの移動日だと思っていた今日は素敵なツーリングになったのであった。

R1056068
▲今治城からスタート。

 

R1056070
▲今治城

今治を出発する前に今治城(無料)でも見学しておきましょう。

R1056089
▲道の駅 今治湯ノ浦温泉

R1056090
お供が加わった!バリイさんの友達イヨノ助。無口なクールキャラらしい。
いよかんだからイヨノ助なのかな。。。

shikoku_1
さて準備が整った所で。
今日の走行計画は今治(愛媛)から丸亀(香川)に向け、主に国道11号線を通って向かいます。
特にイベントはありません。移動日です。はい。

・・・む??
shikoku_2
なんか山の縁沿いルートじゃないかい。

R1056107
たしかに右手の山なんか拡大したみたいにでかい。

shikoku_3
よく見ると1800M以上の山々が並んでいるようですが。
昔のことはサッパリ忘れているマッキーは中学生の地理を紐解いてみますた。

shikoku_4
四国には日本アルプスの一つ、四国山脈がありました。
ちなみに地図には描かなかったけども香川の上のほう、讃岐にも讃岐山脈があるそうな。
(そういえば中学校とかでお勉強したような気ががが)

R1056108
ほー、すごいなあ、圧巻ス。

四国の移動ツーリングは正直イベントも何もないのですが圧巻の四国山地を右手に見ながら走るのもなかなか悪くないなあと思っていたのでした。

R1056114
今治出発直後は街中で走りにくいけど、新居浜をこえる頃には畑が広がる部分もあったりと走りやすい道にもなります。交通量は多けどね。

R1056113
ほぁーやっぱり山がすごい。山フェチ。雲が引っかかってステキじゃ。
あ、大丈夫コレ直進じゃないからww右から左に進んでるとこ。

R1056116
暫く進むと四国中央市を過ぎる辺りから海沿いに出ます。
この辺りは造船、製紙なんかが盛んみたい。大王製紙のデッカイ工場がありました。エリエールね。おらもたまに使ってます。

shikoku_5
▲製紙業地帯と海沿いにでるのはこのへんね。※左(愛媛)、右(香川)

R1056121
▲最後の休憩地 道の駅とよはま
R1056124
嫁入りおいりソフトと和三盆ドーナッツ補給する。

R1056122
ああ、嫁入りってこういうことね(笑)つぶは口のなかでとろけます。
アイスは味が選べますので和三盆アイスを選択。コーヒーじゃないよ。

R1056130

▲海沿いの道の駅なので瀬戸内海が目の前です。

R1056133

丸亀まではあとすこし。さあ行きまっしょ。
道の駅からは静かな田舎道を細かいアップダウンで進んでいきます。

R1056068
夕暮れ。いい景色じゃ。

R1056137
▲この峠を越えれば丸亀。

R1056140

R1056145
海辺に出てみた。あれはボートレース場。
宿泊は宇田津という橋の袂なのでもう少しです。

R1056148
▲瀬戸大橋到着!!脚がパンパンじゃよw

R1056149
今治(愛媛)~丸亀周辺(香川)
活動時間:9:00~18:00
走行時間:5時間53分
走行距離:127.29km
平均速度:21.5km/h
最高速度:?km/h
積算距離:7317.9km
走行ルート:今治駅前(愛媛)~宇田津駅付近(香川)
路面状態:晴れ、舗装路

ずーっとずーっとぶっ飛ばして平地巡航していたので脚がパンパンです。まさにキントレ走行(笑)
ともあれ四国の山々は是非とも走りながら体感していただきたいと思います。地震のある方には是非とも山を越えて高知に出ちゃったとかやっちゃっていただいても面白そうです。

次回は讃岐のうどんをうどんしたお話でも書きましょう。
では!
 

スポンサーリンク

-ツーリング, ツーリングスポット
-

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.