峠データ

風張峠(奥多摩→檜原都民の森)

投稿日:

R1055163

風張峠(かざはりとうげ)  

 場所・路 東京都 (西東京方面)
 主に奥多摩周遊道路→檜原街道 (県道206号)
 走行日 2012年12月23日9時~18時
 外気温 スタート地点:約4℃ 頂上付近:-2℃ (晴れ)
 分析ルート 上り始点:東京都西多摩郡奥多摩町氷川 (JR奥多摩駅)
 下り終点: あきる野市舘谷(JR武蔵十日市駅)
 距離 58.3km (上り 26.2km、下り 32.1km)
 峠標高 1145m ※ルートラボ 
  (周遊道路、峠上り始点:537m、下り終点:180m ※ルートラボ
 平均斜度 全体-0.3% (上り:5.7%、下り:5.1%)
 最大標高差 970m (獲得標高 上り:1141m、下り:1298m)
 峠の評価風張峠パラメータ

【登坂距離の指標】
1:1km未満、2:1~3km、3:3~10km、4:10~20km、5:20km以上

【平均斜度の指標】
1:1%未満、2:1~3%、3:3~5%、4:5~8%、5:8%以上

 傾斜の詳細※クリックで別ウインドに詳細が出ます
風張峠データシート小
 (てっぺんのフキダシ…気になる。)
 総合評価 初心者ススメ度 ★★★★☆
 ココロ折れ度  ★★★☆☆
 M気要求度   ★★★☆☆
 孤独度      ★★☆☆☆ 
 登頂達成感   ★★☆☆☆
 感想 札幌から東京に戻るとき、東京煮いたことがある自転車乗りにおすすめコースを教えてもらった。当時、土地勘がなかったので右から左に抜けていたが、今思えば奥多摩湖の奥にある山というのはおそらくここだろう。
 奥多摩周遊道路から檜原街道につながるこのコースはバイク乗りにも人気なようだ。さすがに冬場はスリップの危険が高まるのでバイク乗りはほとんど居ないが、シーズンには出会い頭の衝突にご注意いただきたい(※バイク乗り知人談)

 自分の自宅は青梅手前なので実際は上記のコースより長いが、輪行を想定してJR奥多摩駅で下車してゆく最短コースを紹介しておく。おそらく多くの人は青梅駅あたりから走り始めるのではないのだろうか。青梅~奥多摩はそんなにキツくないのでどうせなら青梅から走って奥多摩の自然も楽しんでいただきたい。大体2時間もあれば奥多摩湖まで行ける。

 奥多摩湖(傾斜の詳細①)の食事事処は結構美味しいのでお食事をおすすめする。ただし、今から峠に登るので大盛り(=2倍量)はおすすめしない。ここを過ぎると峠を超えるまで店はない。重量と補給を相談して準備されたい。
 奥多摩周遊道路を走り、風張峠の麓にたどり着くとゆるやかに走りやすい登坂が始まる。シーズンによっては閑散としているが、自転車乗りにとっては走りやすい。道の舗装状態もよい。時々開けた場所が出てくるので獲得標高を感じられる。周囲の木々に鳥やサルを見かけることもある。
 峠を少し上り、山のふるさと村キャンプ場(傾斜の詳細②)を越えたあたりに展望駐車場がある。ここから①の奥多摩湖が一望でき、景色も大変綺麗なので是非立ち寄っていただきたい。ここからはまだまだ上りが続く。頂上には先程のような展望台があるのでは…、と期待していくと拍子抜けの峠看板がある。高低図てっぺんの吹き出しのところである。しかしここには表には書けないような秘密があったのであった!気になる人は「続きを読む」で(笑)

 頂上の気温は麓とくらべてグッと下がり-2℃。路面凍結はギリギリなかったものの、手が冷えてブレーキングを慎重に下山しなくてはいけなかった。頂上からひたすら下ると檜原都民の森に到着する。4時まで売店がやっているので、こちらで冷えた体を温めて貰いたい。自転車掛けも用意してあり、自転車にやさしい休憩所である。

こちらの風張峠では2013年、国体が開催されるそうで、自転車が歓迎されていることを大変うれしく感じた。春になってから登るとまた違った峠を味わえるのかもしれない。奥多摩州道路は走りやすいので是非挑戦してもらいたい峠の一つ。

>>今回分析に使ったルートラボはこちら

▼風景ギャラリー(と秘密)をみる▼


【風張峠の秘密?】

風張峠はこんなものだろうか。
私にはわからない。というのはそれしかないと思っていたからだ。

しかしたまたま登っていた時に出会ってしまったのだ。
クライマーという人種に。そのランドナーはスイスイと上り、頂上ノムコウへ消えた。

頂上ノムコウ・・・?

 R1055166
頂上へ登って寂しい看板と記念撮影をしてた時、

写真 2012-12-23 15 16 47
あそこの道の脇に人影が消えたのだ。

自転車をおいて奥の様子を見に行くと

写真 2012-12-23 15 19 13
隠し扉のような下りを発見した!
なんだここは・・・・

風張林道_2
後日地図で調べてみると、グーグルにもない。おかしい。
 
いやまて、航空写真をみろ!
比較

どうやらコレが消えた入り口の正体らしい。
しかし一体どこに続いているのやら。私道のようだったが、麓からも登れるのだろうか?
コレについては引き続き調査を行っていきたい。

(続くw)

さて、奥多摩ギャラリーを御覧ください。
R1055134

R1055142

R1055148

R1055150

写真 2012-12-23 12 44 01

R1055156

R1055152

R1055157

R1055159
R1055160

R1055163

R1055166

R1055167

R1055169

 写真 2012-12-23 15 37 47カレーパンおいしい

R1055177
2013年9月29日 国体!

スポンサーリンク

-峠データ

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2019 All Rights Reserved.