フレーム談義

MBKフレームとシャマルホイールの相性

更新日:

2015-07-19-12-06-54

愛車MBKのホイールが進化しました。
アルミホイールの中でも評価の高いカンパニョーロ社のシャマルウルトラです。

2015-07-19-12-08-02

スポークもリムもアルミ。

2015-07-19-12-05-06

後輪のスポークの組み方が特殊。いいですねー。
チューブレス対応ホイール(2way-fit)が出ています。今現在チューブレスタイヤを使用してますが、地面とのグリップ感や手に伝わる振動(ノイズ?)が少ないので快適な乗り心地です。
さて、今回はフレームとパーツの相性について実感した範囲でメモしておきます。MBK乗りは少ないので、参考にならない部分もあるかもしれないけども参考になればいいな、ということで。


平地と、登り少々走ってきました。

2015-07-19-08-01-53

コースは青梅から名栗までの片道約30キロ。
スペックはだいたい全体の3/4が平地(斜度±3%)、残りが登り5〜10%、下り-10〜-5%。

2015-07-19-09-23-35

MBK RD750×シャマルウルトラ
【重量】
軽い!アルテグラホイールが重かったのかも。
【力の逃げ】
少ない。リムがしなりにくく、力がまっすぐに伝わる感じ。
【平地】
巡行が楽。踏んだ力が素直に推進力に変わる感じ。ハブの転がり抵抗も少ないのでロスが少ない感じ。
【登り】
脚力不足で良さが掴みきれず。しなりが少ないので、ちゃんと踏めれば効率よく前に進みそう。
【下り、カーブ】
安定感抜群。変にしならいので、思ったようにコントロースしやすかった。
MBK RD750フレームはいい意味で癖がなくよくしなるため、乗り心地も脚に優しい。柔らかいホイールだと力が逃げる感じだけど、硬いホイールだと素直に踏んだ分だけ進む感じがした(踏めないと進まないけどw)。
MBKフレームは脚に優しいから、硬いホイールでも脚に負担が来にくいかな。

2015-07-19-12-04-49

ちなみに、バーハンドルも柔らか軽量ハンドル(エルゴノバ)から硬いがしなるグラファイトデザインの245ハンドルに変えました。硬いので安定感があるのと、細身で持ちやすいので気に入ってます。
以上、まず乗ってみた感想でした。
参考になれば(^ω^)

スポンサーリンク

-フレーム談義

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2018 All Rights Reserved.