自転車で行こうよ【北海道編】

【9】8月の空襲 ―後篇―

投稿日:

【前回までのあらすじ】
管理人こと槇井(=マッキー)は何の因果か呪いか、
会社の諸事情に巻き込まれ、思いがけないタイミングで
流行りの第2新卒となったのであった。

魔界村(常識を逸脱した会社)での一連の騒動は7月に端を発するが、
占いで示された8月の空襲は、宣戦布告なしの最悪の形で魔界村を襲った。
そしてこの事態が社長を絶望へ向かわせる。
===============================================

{: : : :,.イ    _,..-'''" ´゙     ` ー=ゞ.',_,..-'''" ノ`´゙∨'゙´
.!: :〃/ ,..-'''" _             ____水彡ー=ミ´: : : ::',: :
😐 ::'∨    、   ヾ´         彡'´   ノ;,  ∨ヾ、: :',:
ハ: : i   ,>彡=ミ、             ,.イ二ミzソ  ∨: :.、: ゙
ハ: {  ヾチ__ __ .ヾヽ          ノ,'´、__ ヽヾz_, }>-、:
´.`ヾ!  ' {ーt':::j,゚ リ             {ーt::::j,゚ }   7, - 、!´
../\    ゝ、.__彡'            ゝ、.___彡゙ ,   {、  }
.゙  `   ー--- '             ー-- <゙    j ヾ.、!
 、 ヽ             .:::i             ' ノノ}',
\` ヽY            ::::|            ' ̄´/ | !
__≧、 、           `          、 r=、_ノ -, 'ノ
/////`,ハ           r_ っ         ,ヽ= - 彡': : ヽ
/////>'`ヽ          :::::         ,イ: : : : : : : : : : : :
` ̄ ´: : : : : : :> 、              , .イ: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : j >,. .     .  < __j≦三ニ= 、: : : : : :
: : : : : : : : : : : : ::ノ  /`ー-、><,. <´ヽY´: : : :` ヽ: : `ヾ、 : : :
 ・・・・もう一度言って?

一番弟子が妊娠した。
                     キーン・・・・・            iヘ
―――――――――――――――‐‐‐‐            |;=ニにニァ
――――――――――――‐‐‐‐                   i/
                                            `、, ,'             ' ,::  ッ   ‐'' :/ ''       ' ,´ 
                               _+  \、ヾ::   ',   // '"  ドガーン    
        ,           .ゞ:: :'' :ヾ'    /,/=\ \::::        ::/         '" 
       '_,`         (::  ::) ::シ    |;,:;|髑髏}    \:::..     ..:::/ 
、、      ,.r-ーーt '' 'ニ ^ "二"" ""´ "~"~"~ ̄ ̄~ーf~^ ̄ ~`,;;''" ^` ''' ー;‐;-,,- .、 、.、.,. _ 
~ゞ,ヾー、、 ~^''"" "゛"' ゙'' ‐''-,,.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;;;,,、、..;;、-,、-ー;:,ー,,;;'´ 
r;(   _゙'',、、
_, ;:\ (,ゝ`ー`ァ,、. 
   \ ̄ヽ,r-ゝ)゙'-.、                / 
     \ ,iヘ、    .゙'‐、      ~^      /          ~^                         ~^ 
      `yヾ \     ゙''‐、.        ,_,.ィ=<~'^ヽ、     ,r'ゝ  ,´,'    ~^ 
      ;<::: \;:.\     ゙''‐、_   ,ィ=ュ、~>"i!| },ヾ`i     , 
       `ヽ::::\:::.\ ,r:、 _, -;;>-r=、,r'i~ i|,r'}  }, iI }                               ~^
          \::::\:::,7 :! i, ';;;;;;;;;;;,r'´ヽ、} ,i!,r'   ;7 ,/               ,' `:、 
 . ,, 、,_       \:,,:y' i !;;;;;;;,. '"   ^     ,.;'/         ~^          `,、, ,' 
(`  、.``` ' - 、.、., `;/. ; `ー'"    ,yiヽ    `゙''‐、.、 
 ゙''‐、_  ` - 、,  ~^/.  :  ,.-'    ':`kノ ,.'' /   ",r''‐>-、._ 
    `゙''‐、._     /   :i,. '' _'く、  ,r' ,.::,'',/   ,/     ``''ー-.、,_ 
        `゙'' -、y' ,   ,_  ゛^<~゙`''`-'、_ ー-,r'='-、、,        ``'ー-、,,_ 
           /_,,ゝy、 ` 、   `' 、_   `''-r'";:::::::::...`゛:゛`:''‐-、.、__、(>"´`:゙'、;‐,.、 
           `6r'´ ゙`''-.、;'`    `-.、  "-,、.、_:,:::::::::::::::....... ..:;/   ̄\i ̄ノ  `ヽ 
                  `゙''-.、  ,_  ヽ       ``^'' ‐- :、;、:,_/^``'''‐ -:、、.__,  _,ノ 
     ~^               ゙''-'、_ヽ ,ノ                      `~´ 
                        ~^ 
この日、社史残る魔界村大空襲の火ぶたが切って落とされる。


最悪のタイミングだった。
なぜなら、告知されたちょうどその前日、
社長は一番弟子が一緒に仕事をしてくれることを見込んで
事業拡大のため大型の業務契約をしたからだ。
これから今よりずっと仕事が忙しくなるのに、
2人でこなしていた以上の仕事を一人でしなくてはいけない。

        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |  社長死亡のお知らせw  | 
        |___________| 
             ∧,,∧ ∥   彡 
            ミ`^ω^彡ミ     サッ 
       _____ミ",,つ旦,ノ__ 
      / \        ___\ 
     .<\※ \______|i\___ヽ. 
        ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ 
        \`ー──-.|\.|___|__◎_|_i‐> 
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄| 
               \|     ~ 


  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ
tラハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.  ̄
ι';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -   //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ ――‐ /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  おいおいおいおい…
  考えられる最大級の爆撃だぞ。
  タイミング悪すぎだ。というかこっちはこっちで無計画すぎだ。

激怒した社長。

              /: : :\ヽ、: . :`丶、: : . \( /   _ハ__
             /: : / : :/`丶、 、: . : . `丶: :辷!-‐-<__仁vヽ
             /: : ´: /     `丶 、:`ヽヽ_ム-‐〈 ヘコ〉人  ありえないわ!
            ,゙: . :l : . /   ノ(     `丶ミ、(∧  ヽ二ノ |〔  結局こっちに全部仕事が
     ,-、     l: : :l,、≠ ‐‐ - ⌒         _,, ..ム∧    |ノV  まわってくるじゃない!
.     l´li        !: : :|/  、ァぅ-`、ヾ      '~,r¬く \ヘ__ノl」ノ  
.     lー'!      ゙,:l :.{  _メ_ノrッc}`      '{_ノッ゙vド くこヒ/  
     l  |       ヾ :.!  ヽ辷ン   ,     ヽこ:シ´  !:〃    
     |  |      f⌒ハ   ~  ̄´       ` ̄ `   ハ⌒i    
    _l  L_. __   / (.. ',       | ̄ ̄`、         ,゙..) \   
   / '|  / ヽi ヽ ! \t‐',       |ーー--|      た ノ }}  
 r‐'i  |  |   |  | . ヾ;、_マ ヽ     `―-'´      メ、__ ノ'  
 |  !   ' !   !  l、 r‐''"´ ̄ ̄`ヽ、          .イ´; ̄ ̄ ̄`ヽ
 ! ,!            | |: 〕. . . . . : ;;;;;;;;〉|> 、 _,. ‐''|´〈;;;;;;;;; . . .   〔 .}
 | ヽ           |〈_‐ニニニヱヽ/_ノ/={ :::: }=\ズ;;r;;;:二二`_ヽ_〈|       
. \          |/ ̄フ;;;;;_∠二イ_::::;:イ ̄l\::: \\_;;;;;;;;;;;;、‐''"ヽ     
.   \       /   √´    ;;;;;|゙/:::| O |:::ハ、:::/;;; ̄`"' ゞ、    ヽ      

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.    ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  
― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・そうですね。
  

              /: : :\ヽ、: . :`丶、: : . \( /   _ハ__
             /: : / : :/`丶、 、: . : . `丶: :辷!-‐-<__仁vヽ
             /: : ´: /     `丶 、:`ヽヽ_ム-‐〈 ヘコ〉人  あいつの仕事のやり方は
            ,゙: . :l : . /   ノ(     `丶ミ、(∧  ヽ二ノ |〔  よくわかんないのよ!
     ,-、     l: : :l,、≠ ‐‐ - ⌒         _,, ..ム∧    |ノV  結局こっちに責任回ってくるし
.     l´li        !: : :|/  、ァぅ-`、ヾ      '~,r¬く \ヘ__ノl」ノ  
.     lー'!      ゙,:l :.{  _メ_ノrッc}`      '{_ノッ゙vド くこヒ/  
     l  |       ヾ :.!  ヽ辷ン   ,     ヽこ:シ´  !:〃    
     |  |      f⌒ハ   ~  ̄´       ` ̄ `   ハ⌒i    
    _l  L_. __   / (.. ',       | ̄ ̄`、         ,゙..) \   
   / '|  / ヽi ヽ ! \t‐',       |ーー--|      た ノ }}  
 r‐'i  |  |   |  | . ヾ;、_マ ヽ     `―-'´      メ、__ ノ'  
 |  !   ' !   !  l、 r‐''"´ ̄ ̄`ヽ、          .イ´; ̄ ̄ ̄`ヽ
 ! ,!            | |: 〕. . . . . : ;;;;;;;;〉|> 、 _,. ‐''|´〈;;;;;;;;; . . .   〔 .}
 | ヽ           |〈_‐ニニニヱヽ/_ノ/={ :::: }=\ズ;;r;;;:二二`_ヽ_〈|       
. \          |/ ̄フ;;;;;_∠二イ_::::;:イ ̄l\::: \\_;;;;;;;;;;;;、‐''"ヽ     
.   \       /   √´    ;;;;;|゙/:::| O |:::ハ、:::/;;; ̄`"' ゞ、    ヽ      

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.    ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  
― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・そうですね。

槇井は非常に微妙な立場に立たされた。
自分の先輩に悪態をつく社長をなだめる係になってしまった。
なぜ上の人間関係トラブルを自分がなだめなければならないのだ。
立ち位置がおかしいだろう。

                          ,、
                    r ヘハ二/ヽ ̄}
                  ,r' 」 r-ムヘソリノ!_Z、       おわったら
                 / 〕 {\.入乏人_  ̄ ̄了   もうあがっちゃって
               / - └i_` ー、| Vイ }下 T´    いーよー
               , -7フー-  _ ̄└- 、',  V-┘、  |
               l/     >ー- ヘ. V ̄ _|
               l{  _      ,ィ:⌒ヽ ∨ヽミ/ ,ヘj /⌒i
    〈ヘ、         V´ , -、   ',::::::f !  /´ イ } , ィイ⌒}
  r、 } ヽ\          ヽハ:.:.r!    ゝ-'    r' /.::::// .:; .イ
   '、ヽ  ト'ヘ./{      .ハ ゝ'r  _     / ̄ ̄`¨ ー- 、ノー
    ヽr ┘ _,、└1   r--'.   Y´ ノ   /!       /ホ〕
   r ‐' r、」  ヾj  r ヽ - :.> 、 ´   /!ノ /       \/l
   ,ゝ t'     _, -_, -┴=、-、:::. >7.::/::| /,      / 〈 |
   > 〕-    \入 .::r‐ 、_)7´.:/./.::/:::j ´    ‐ /  ハヽj
   ヽ く         (ィ冖┘  ヽム{.::/.:::/    . :. .   /
    く  厶         〈フ  -、'´_//¨T゙     . :::: : .
   /   /       {!  _/ ヘ._/.::/     -、_, へ、
    ヽ  {__-        / /r―::/ィ´┐    . : :/     ヽ
さらに社長の一番弟子への対応が冷たくなった。
社長は自分にとって不要なものは、物であろうと人間であろうと、さっさと捨てる主義である。
もともと一人子供がいる一番弟子はパートタイム勤務であったが、
この件で今までより早く帰れコールが激しくなった。


                          ,、
                    r ヘハ二/ヽ ̄}
                  ,r' 」 r-ムヘソリノ!_Z、       
                 / 〕 {\.入乏人_  ̄ ̄了   アイツ(一番弟子)の考え方は
               / - └i_` ー、| Vイ }下 T´    良くわからない時あるけどー
               , -7フー-  _ ̄└- 、',  V-┘、  |
               l/     >ー- ヘ. V ̄ _|    
槇井は基礎ができてるから
               l{  _      ,ィ:⌒ヽ ∨ヽミ/ ,ヘj /⌒i    指導がラクで助かるわー
    〈ヘ、         V´ , -、   ',::::::f !  /´ イ } , ィイ⌒}
  r、 } ヽ\          ヽハ:.:.r!    ゝ-'    r' /.::::// .:; .イ
   '、ヽ  ト'ヘ./{      .ハ ゝ'r  _     / ̄ ̄`¨ ー- 、ノー
    ヽr ┘ _,、└1   r--'.   Y´ ノ   /!       /ホ〕
   r ‐' r、」  ヾj  r ヽ - :.> 、 ´   /!ノ /       \/l
   ,ゝ t'     _, -_, -┴=、-、:::. >7.::/::| /,      / 〈 |
   > 〕-    \入 .::r‐ 、_)7´.:/./.::/:::j ´    ‐ /  ハヽj
   ヽ く         (ィ冖┘  ヽム{.::/.:::/    . :. .   /
    く  厶         〈フ  -、'´_//¨T゙     . :::: : .
   /   /       {!  _/ ヘ._/.::/     -、_, へ、
    ヽ  {__-        / /r―::/ィ´┐    . : :/     ヽ
社長は誰かれ構わず人の悪口を言う。そして同意を求める。
おそらく社長自身に悪気はない。
これが彼女の素なのである。気付いてないからどうしようもない。
しかし残るもの(自分の得になること)には優遇を、というのがあからさまなのである。

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.    ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  ―― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・・・・・・・・。

だが、すぐ上の先輩と比較されて自分がよく言われていることに、
一体どう返答すればいいというのだ。
お願いだから社長なんだから社員を比較しないでくれ。


         /ィ'    //          \ `丶
       / ´\   / 〃  ̄ ̄ 丶、r~'_ー、,>ー-\
       ` ー─`-' {   ̄ `丶 f´ 〃Y≠ミヽ  じ,
.            '  /\       } {{ {{f泌}}ソ〉 ハ
            |i l   \  \ゝ_ ゞ ゝ=ーイ/ r┘ i   すぐ使える魔道師が
            !l |  __  \ __\弋_`  ̄´_,.仆  l|   いないかって?
              、い `ヾ   '´-‐ ̄`ヽ`Y´  l 〝 
             ゝ',圷、、    , r 〒 ア Y ⌒Yl //  そんなもん落ちてるわけ
      ペ     〃´i `┘    ー┴'′ /ム^} /イ   ないんだから
       ッ       亅   ノ           / r‐ン 厶ヘ   そんなことに頭使うだけ
              / \ `           , 「i/ /  \  脳みそのムダ
             _く   ヽ.\ゝ,      /  |' /   ∠-┐
            ハト\ / Xヽ、 _,.  ´    |「    //  |
         /,. -‐≠、  /__r┴‐_- 、   j}^Y.//  _⊥、
          /   /   丁\: : ̄: : \:\_ノ:_人¨´__イノ  }
       ! /     l  Y´ ̄ ̄`Y⌒Y´ ̄`ヽ  ヽ  厶イ
        !/       '  l     ー廴 厂   }   ∨__ノ
.        イ            !  ゝ、_,ィ¬´7不`ー、___ハ    V´
     //          |  ヽ/  / /| ', ∨:.! `、  ゙、
.   / /              |   /  / /:.|  i ∨  `、   、
。ィ   〈           !   \   /`'|   /     ゙、   ヽ
じ    ヽ          イ       ヽ/ !イ        }    }
 

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:
::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.    ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  ―― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・そうですね。
  自分もなんとか手伝えるようにがんばりますから
  ・・・2人で頑張りましょう。

しかし槇井の心は徐々に蝕まれていく。

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.  
ι ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  
― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・・。

じゃあ仕事ではなく社長の気遣いに100%の脳みそを使っている自分は一体なんだというのだ。
仮に一番弟子が数年先に戻ってくるとしても、あれはあれで自由な人だから、
結局ここにいる限り自分は消耗するだけなんじゃないか?

  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.  
ι ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  
― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  自分の仕事が完全に社長の下だということが原因だ。

他の魔導師は自分独自の分野(仕事)を持っている。
だから自分が自由にできる部分もあり、他の人たちはなんとかうまくやっている。
しかし、槇井には社長の真下につく立場なので自分独自の分野はない。
プライベートで家庭もなければ没頭できる趣味もない。
有給はあれど、連休を取るなという無言の圧力もある。

 
  、                            , ./
  ヾ 、                        ,、. ',. '
   ヽ丶、      ,.ィTTT.i‐.、        ,、 ' ,、 '
     \ ` 、,  . //.l l l l l lヽヽ   ,. - ' ,、 '
        ` 、,` '‐-'.⊥l⊥l⊥'-‐ ' ´ ., - '.´
        ,..-`,:ー--.,..== 、,.--‐:':´>,
          (:*。:>:':´::::::; ;:::::::`:':<*:)
.        ,ィ>f:-:、::::::::::; .;::::::::_;;::、<::ヽ
      /://::;;i:{. ``''T''''ィ,,,,.ハ::::ヽヽ:\
     /:::/./l::::';:;'`ー ' l :.  
ι ';:::::iヽヽ:::\
.    <ヽ:ノ./ l:i::::ヾ,.  ゝ.. -  //:::l::;;ヽヽ/
     ``'‐'.-リl::::::::'ヽ  
― /イ::::〈 ヽ`
   _,,,,..ィ´ /ィ::::::::トlヾ、'二'フ''´.ハ:::::::',. ヽ

  ・・・自分の存在価値はなんなんだ。

数年はいい。
でもこれが10年、20年続くのか?
それだけ勤めたとして、
その時自分が得ているものは、一体なんだ?

・・・ぞっとした。

ああ、
どこでもいい。
どこか遠くへ行ってしまいたい。

気付くと、
空ばかり見上げていた。

そんな槇井の視界にふと自転車屋が映り込んだのは、
涼しくなりかけた9月初頭の頃。

そして、
ロードと出会ったことが
槇井の世界と生き方そのものを変えてゆく。

回想編 完。

『キャスト紹介』
マッキーこと槇井:身元不明。(情報募集中) AA拝借元は忘れた。
魔界村・社長:金糸雀(ローセンメーデン) AA拝借元はこちら
戦闘シーン  AA拝借元はこちら
**********************************************************************************  
(・∀・)σ槇井ことマッキーからのコメントd(・∀・)

こんにちは、マッキーです。
改めて書くと、ただの新社会人のよくある悩みじゃん!(笑)
でもここが一つの運命の分岐点なんだよね。
ココがなければこんな日記も書いてないし、ここでみんなとも会ってないしね。
あと年内に無事に転職先も決まりました。
**********************************************************************************

スポンサーリンク

-自転車で行こうよ【北海道編】

Copyright© 自転車と旅を写真とともに楽しむブログ|ふぉたらび , 2018 All Rights Reserved.